大阪市立美術館で2019年2月16日(土)から2019年5月12日(日)まで「フェルメール展」が開催されます。

今回はフェルメール展の見どころや混雑状況、チケットの前売券、事前入手方法についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

フェルメール展の見どころ

2000年にも同じ大阪市立美術館で日本初のフェールメール展が開催されましたが、その時は出品作が5点でした。

今回の開催ではそれを上回る6点となり西日本で最大規模の開催となります。

 

出品作品は以下の6点です。

・取り持ち女

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・恋文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・マルタとマリアの家のキリスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・手紙を書く婦人と召使い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・手紙を書く女

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・リュートを調弦する女

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェルメール展の混雑状況

平日と比較して土日はやはり混みます。ただしその中でも開館直後と閉館前1時間程度は比較的すいています。

平日であればゆったり見られます。

また、会期末の2019年5月12日向けて駆け込みの方が多くなることが予想されます。

特に会期末近くのゴールデンウィーク、4月27日~5月6日は大変な混雑が予想されます。

そのため、早めにお出かけになることをお勧めします。

 

スポンサードリンク

 

フェルメール展のチケット情報

チケットの前売券情報

前売券は2018年11月16日から2019年2月15日まで割引価格で購入できます。

 

チケットの事前入手方法

チケットは当日窓口でも購入できますが、事前に購入しておいたほうが、当日チケット購入の窓口の列に並ぶ必要がなくなるため、その分ゆっくり鑑賞することができます。

チケットの事前入手方法はいくつかあります。

 

公式HPからオンラインで購入し、「自宅でプリントアウト」または「スマホ画面表示」

スマホ画面表示にする場合は電池切れがないように注意しましょう。
https://www.e-tix.jp/vermeer/

購入確認メールが届かない場合などはよくある質問・お問合わせをご確認ください。

 

チケットぴあ、ローソンチケット、セブンチケット、イープラス、CNプレイガイドで事前に購入

 

フェルメール展の基本情報

開催期間:2019年2月16日~2019年5月12日

休館日 :2月18日・25日、3月4日・11日・18日
※3月19日以降、無休

開催時間:9:30~17:30
※入館は16:30まで

料金  :
一般     1,800円(1,600円)
大学・高校生 1,500円(1,300円)

※カッコ内は前売券の価格。前売券は2018年11月16日から2019年2月15日まで販売。

開催場所:大阪市立美術館

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82 (天王寺公園内)

アクセス
・Osaka Metro御堂筋線「天王寺」駅
・Osaka Metro谷町線「天王寺」駅【15,16号出口】
・JR「天王寺」駅【中央口改札】
・阪堺電気軌道上町線「天王寺駅前」駅

 

スポンサードリンク