3年前に購入した家のノートPCについて、最近起動時間が2~3分と遅く、また起動してからも動作がもっさりして遅くもう耐えられませんでした。

今回HDDをSSDに入れ替えスピードアップにチャレンジしました。

OS再インストールはちょっとハードルが高そうなので、比較的簡単にできるクローン作成で実施しました。

実際にやってみた手順をまとめました。

スポンサードリンク

換装・交換機種

以下の東芝のノートPC、DynabookのHDDをSSDに換装・交換しました。

機種 Dynabook T552/36FW
OS  windows 7
CPU インテル® Celeron® プロセッサー B820 1.7GHz
メモリ 4GB
HDD 640GB

事前確認

まず、持っているノートPCのHDDがそもそも交換可能なのかを確認するため事前に、ノートPCの電源、バッテリーを外した後、裏のネジを外してみました。HDDはネジ1本で固定されており、自分でも実際に取り外ずすことができました。

 

購入したものは2つ

物理的に交換できそうなことを確認した上でネットでSDD、SATA-USB3.0変換ケーブルの2つを注文、購入しました。

 

待つこと2日、ものが届きました。

さっそく交換してみます。

 

SSD換装・交換①(SSDの初期化、フォーマット)

購入したSSDの初期化、フォーマットを行います。(初期化、フォーマットは不要とのWebページも見かけましたが、私の場合は実施する必要がありました。)

  1. SATA-USB変換ケーブルを用いてSSDをノートPCのUSPポートに接続します。
  2. PC内を「ハードディスク」で検索し、「ハードディスク パーティションの作成と初期化」を選択します。「ディスク管理」が起動されます。
  3. 「ディスク管理」にてディスクの初期化を実施します。
    パーティション スタイルを「MBR」、「GPT」のどちらか選ぶ必要があり、google先生に聞いてみたところどうやら、対象のディスクが2TB以下は「MBR」、2TBより大きい場合は「GPT」とのことでした。今回購入したSSDは480GBなので「MBR」を選択しました。
  4. 「ディスク管理」からSSDのフォーマットを実施します。未割当の領域を右クリックし、「新しいシンプルパーティション」を選択しフォーマットします。

 

スポンサードリンク

 

SSD換装・交換手順②(クローンの作成)

今回クローンの作成にはフリーソフトの「EaseUS Todo Backup Free 9.0」を使用しました。

  1. EaseUS Todo Backup Freeを窓の杜よりダウンロードし、インストールします。
  2. EaseUS Todo Backup Freeを起動し、「クローン」をクリックします。
    ・「ソース」     : ディスク0(HDD)を選択
    ・「ターゲット」   : ディスク1(SSD)を選択
    ・「SSDに最適化」  : チェックを入れる
    ・「セクタバイセクタ」: チェックを外す
  3. 「編集」でSSDの領域の割り当てを変更します。
    元のHDDの容量640GBに対し、クローン作成先のSSDが480GBと小さくなっているため何かを削る必要がありました。もともとのHDDではCドライブとDドライブに分かれていたのですが、Dドライブは使用していなかったため、SSDではDドライブの容量を最小限に縮小し、余った分をすべてCドライブに割り当てました。
  4. クローンを作成します。
    今回のHDDからSSDへのクローン作成には約2時間かかりました。
    クローン作成が終わるとシャットダウンします。

SSD換装・交換手順③(SSDの取り付け、windows再起動)

ノートPCからHDDを取り外し、SSDを取り付けます。その後、windowsを起動します。

  1. HDDの取り外し、SSDの取り付け
    ・ノートPCをひっくり返し、バッテリーを外します。
    ・HDDが格納されている「ふた」のネジをドライバーで回し「ふた」を外します。
    ・HDDが固定されているネジを外し、HDDを引き抜きます。
    ・スペーサーを貼り付けたSSDをノートPCに取り付けます。
    ・「ふた」を閉じネジで固定します。
    ・バッテリーを取り付けます。
  2. windowsを起動します。

まとめ

今まではwindwos7を起動するとき赤、青、黄、緑のマイクロソフトのマークが集まってきて、しばらくちかちか点滅していたのですが、SSDに換装・交換した後はマークが集まりきる前に画面が切り替わって、起動時間が明らかに早くなり感動しました。

ちょっと気になった点としては、初回起動後にウインドウを開く、閉じる際、スローモーションのように極端に遅くなりました。ただもう一度再起動したら直りました。

今回SSDへの換装・交換をやってみた換装ですが、思ったより簡単にできました。

2万円程度の追加出資でノートPCがストレスなく使えるようになったので、コストパフォーマンス的に大満足です。

スポンサードリンク